スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネズミ君騒動

近くの公園に散歩しに行ったときの話。

そこの公園は住宅地のど真ん中にあり、公園内にはそこそこ大きな森があるんです。

その公園をぶらぶらしてたら、道の脇で赤褐色動くものが・・・





なんと、カヤネズミ!





思わず、「え!?」と声が出た。

野生のカヤネズミは初めて見たし、こんな住宅街に近い公園にいると思わなかった。

しかも…写真で見るよりも可愛い(笑

ちなみにこんなネズミ → カヤネズミ

写真を撮ろうと慌てて携帯出して近づいたら、一気に逃げられました。





しかし逃げた先は運良く、芝生の広場にある茂み。

諦めず、茂みの方に近づこうとしていたら・・・子供数人が茂みに集まり始める。

どうも芝生を走るカヤネズミを発見した模様。

「せ、先客かぁ・・・」ベンチに座り、遠くから見守る俺。 ←かなり怪しい

そして結構時間が経ち、「まぁ見れただけでもいいかー。」と思い、帰ろうとしたら・・・





こども 「やった!おっかあさ~ん!!」





「まさか・・・捕まえた?」見てみると、大事に何かを抱えながら母親のもとへ走る子ども。

その子の母親は、「今日は高級ランチでしたのよ~オホホ♪」って言いそうな感じのマダム。

「おいおい・・・そこに持ってくのは止めたほうが・・・」の願いむなしく・・・





母親「きゃああああああああああああ!!!!!!!!!」





案の定悲鳴。

騒然となる公園。

その後、母親がこどもを叱り始める。

母親「いい!ネズミは!排水溝とかにいて!ゴミとか食べてて!雑菌だらけなの!」

ドブネズミと間違えられてしまった?カヤネズミ君。

その子は渋々、カヤネズミ君を森に戻していました。

その子の親が厳しく見張っていたので、「ちょっと見せて!」とも言えませんでしたとさ。





叱られてしまった子と、ドブネズミに間違えられてしまったカヤネズミ君は可哀想でした(笑

近所にあんな動物がいるなんて知らなかったなー。

勉強が落ち着いたら、近所の里山研究でもしてみようかな(笑
スポンサーサイト

カエル注意

続きを読む

ナイトzoo

※それがじゅんぺいクオリティ♪これがずんぺいクオリティ♪

久しぶりにジャグ練習♪

貧血気味だったのに♪

ダブルピルエットしたもんだっかっら♪

くらっときて倒れて足捻り♪

痛くて集中出来ません♪

※繰り返し





ピルエットで倒れる、有り得ないずんぺいです。

この夏休みは結局、エジプト行きは無くなり、鳳凰三山リベンジも無くなり、引きこもってばかりで…。

…その方が良いか(笑

幸い、曇りと雨が続いているんで、出かけたくはならないんでね(笑

べんきょー頑張ろっと。




…とか言いながら、今日は初外出(笑

ナイトズーラシアのボランティアに参加してきましたー。

ナイトズーラシアは、夜の動物園に入り、夜の動物を観察できる美味しい企画。

そこでカンガルー展示場の前で来園者にボディーペイントしたり、アフリカの民族楽器を鳴らしたりしてました。

これからも運が良かったら、ズーラシアでせっせと働くじゅんぺいちゃんに会えるよ。

みんな!ズーラシアに遊びに行こうー!





…はい、宣伝です。





他人に接するときは、いつもと違う高い声になるずんぺいでした。

野生動物ー。

今日の校外学習で遅刻して、皆勤賞が消えてしまったずんぺいです。



そんなことは置いておいて、今日は「野生動物ボランティアセンター」にお邪魔してきました。

そこでは、傷ついた野生動物を保護し、治療して野生にかえす活動をしています。

今回は、講義と掃除などのお手伝いをしてきました。



講義では、ここにはどんな動物が連れてこられるかについて。

罠にかかったり建物にぶつかって骨折した鳥、車に轢かれたタヌキなどなど・・・

なかでも、鳥のヒナを間違って連れてきてしまう(誘拐)があるようです。

この例は巣立ち雛と呼ばれる雛を連れてきてしまうことで、未だに勘違いしてる人が多いそう。

巣立ちというと、今までいた巣から離れ親離れすることだと思いがちです。

しかし、巣立ちと親離れは別物なんだとか。



親離れは、敵から自己を守る手段、餌をとる方法などを学び、親の元から離れること。

巣立ちは、ある程度成長したがまだ飛べない雛が巣から離れ、その手段を親から学ぶ時期。

まだ飛べない小さな鳥が地面にいるのを見たら、巣から落ちたか病気かと思ってしまいますよね。

だから、知らなくて動物病院などに連れていってしまう事が多いんだそうです。

良かれと思って雛を助けてあげたのに、雛の親からすれば誘拐ですよね(笑



今日は、そんな巣立ち雛のスズメと怪我したツバメに餌やりとゲージの掃除を体験しました。

なかなか根気の要る作業でした。なかなか餌を食べてくれない。

でも食べてくれたときは嬉しかったですねー。



少しこのような活動にも興味がわいた一日でした。

難しいんだな、これが

僕以外の家族全員が山梨に行ってしまいました。

話相手がラルフしかいないぜ。



犬も、積極的に話しかけたほうが良いらしい。

でも話す内容(?)も重要で、暗い話題を話すと犬も暗くなるって本に書いてあった(笑

多分声のトーンとか身振りの問題だと思うけど、犬に愚痴ったら一緒に暗くなるって可笑しい(笑





僕の学校では、動物園学という授業がありまして、最近の授業のテーマが凄く重いんです。

それが、動物と人間の幸せについて。

例えば、ペットをモノとしか見ない飼い主、ブリーダーの現状とか。

ペットの虐待虐殺は批判されるけど、何故、家畜や実験動物は殺されて良いんだろうとか。



他には、鹿、熊に対する人の意識の違いとか。

鹿が増えすぎて、木や農作物が沢山食害にあっているので、駆除する案が。

しかし、映画「バンビ」を見て鹿を可愛いと思った人が、駆除は可哀想として駆除に反対。

これを、「バンビ症候群(バンビシンドローム)」と呼ぶそうな。



アラスカではキャンプ中にヒグマに襲われ殺された場合、人間が悪い事になりヒグマはそのまま。

しかし日本では、登山中にツキノワグマに襲われ怪我をしたら、襲ったクマは駆除される。

どっちが正しいんだろうね(笑
プロフィール

じゅんペい

Author:じゅんペい
神奈川県在住の高校生。
あるときはジャグラー、
あるときはギタリスト、
あるときは動物好きな男です。
Let’s sing along!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。